専業主婦 消費者金融

MENU

専業主婦は消費者金融から借りれない!?

考えている女性

収入が全くない専業主婦は消費者金融から借入はできません。

パートやアルバイトで収入がある専業主婦は消費者金融から借入はできます。

 

これは、消費者金融が総量規制の対象になるからです。なので、収入がない専業主婦は銀行のカードローンのみの申し込みになります。

 

総量規制については、かなり情報もあちこちに出ていて、知っているかたも多いでしょうが、念の為。
年収の3分の1までしか貸付ができませんよ。という法律です。(かなり簡単に表現しています)
なので、収入がない専業主婦は年収が0円。つまり貸付不可となるわけです。

 

しかし、銀行は総量規制対象外となります。総量規制は賃金業者に対しての法律であって、銀行や信用金庫などは賃金業者ではないので、無収入の専業主婦でも貸付を行うことができるということです。

 

では、収入がある専業主婦は一体いくらぐらいまで借入ができるのが一般的なのか。
ってこところが気になりますよね。

 

一般的にパートやアルバイトの場合
30万円から50万円が限度だそうです。
もちろん、アルバイトやパートでも年収が高かったり、勤続年数が長かったりすると異なってきますが、だいたい奥さんが稼ぐ平均的なパート仕事の年収が100万円から150万前後の方が多いですから、それくらいになってきます。
収入のない専業主婦はどれくらい借入が可能か。というと、
銀行によって異なりますが、30万円から50万円が平均です。

 

するとですね。
収入がない専業主婦でも、パートやアルバイトしている専業主婦と同じぐらい借入をすることができる可能性はあるということになります。
なので、大きな違いとして銀行以外で借入できるのが、パートやアルバイトをしている収入のある専業主婦。銀行でしか借入ができないのが収入のない専業主婦ということになります。

 

夫婦

上記は「専業主婦は自分だけの力で借入をする方法」です。
実は、収入のない専業主婦が消費者金融から借りれすることもできます。
それが「配偶者貸付」です。

 

配偶者貸付は配偶者の収入の3分の1まで借入が可能という総量規制の例外として認められています。
基本的に配偶者の同意書が必要で、夫婦関係を証明する書類の提出や収入の証明書が必要です。

 

また、配偶者貸付を行っている業者が少ないので、認知度が低いのと、業者側も書類の手続きなどが面倒でやりたがらないのもあります。

 

なので、配偶者の同意が得られて、よい消費者金融を見つけることができるのであれば収入のない専業主婦でも借入が可能ということになります。

 

 

最後にまとめると、
収入のない専業主婦は自分だけの力で消費者金融から借りることはできないが、配偶者貸付を利用すると消費者金融からでも借入が可能です。
ということになります。