カードローン 旦那の職場 連絡

MENU

会社によりけり。

電話

申し込みをした会社によりけりという答えが一番明確だと言えます。

 

ただし、旦那の職場に連絡をいれる場合は公式サイトなどでもそう、明言している会社が多いので、避けたいのであればそういった場所を選ばないようにして申し込みをすると良いです。

 

基本的にはカードローン会社は本人の確認ができればそれで問題ないとしているところが多く、電話連絡があるとしても自宅にかかってきて本当に本人からの申し込みで実在する人で申し込みした住所や電話番号は実在するのかという意味で自宅に電話をかけてきます。

 

自宅に電話がある場合もある程度、時間が指定できたりするので安心して申し込みができます。
それに万が一の電話がかかってきたとしても、個人名で名乗ってくれるので家族に知られてしまう可能性を低くすることができます。

 

 

専業主婦だから、旦那の職場に電話をかけて何かを確認するという作業は基本的にないです。
もし、不安なら申し込みを考えている会社の公式サイトなどで確認してみると良いです。

例外もあります。

喧嘩している夫婦

配偶者に連絡がいく例外もあります。

それが延滞した時です。入金忘れ程度の1日や2日ぐらいの延滞で配偶者に電話連絡があることはないですし、基本的には配偶者は保証人にもなっていない限り、連絡がいくことはないのですが、あまりにも滞納の期間が長く返済もされていない状態だと、貸付していた方もどうにかして連絡をとろうとします。

 

郵送や電話でも応答がなく、自宅に行っても誰も出てこない。そんな状態が続けば最悪、配偶者の勤務している会社などに連絡がいく可能性はありえます。

 

貸付している方としてみれば、お金を返してほしいという考えもありますが、万が一、利用者が不慮の事故などで死亡していたら・・・など様々なことを考えてしまいます。
なので、延滞してしまって、電話連絡や郵送物などがきた場合が真摯に対応して解決するようにしてください。

基本的に公式サイトなどで「配偶者の会社に在籍確認します」など書かれていない限りないと考えて大丈夫です。
最近は、電話連絡一切なしなどを売りにしている会社も多くありますから、そういった会社の商品をねらって申込してみてはどうでしょうか。

 

普通に利用していて、返済もちゃんとしているのであれば利用途中に電話がかかってくることもありませんし、申込時にだけ、配偶者への連絡があるかどうかを確認しておけば問題ないのであまり気にしないでも大丈夫です。