安全 金融会社 特徴

MENU

安心したいのなら銀行

安全にお金を借り入れしたいのであれば、大手の銀行や消費者金融を選んだほうが良いです。

 

大きな銀行

特に銀行は安心して借入ができるので、申し込みをするのであればお勧めできます。

例えば、みずほ銀行
三大メガバンクの1つで、全国47都道府県に店舗を展開していますし、首都圏では最大級のATMネットワークを有しています。
コンビニではイーネットやローソン・セブン銀行のATMが利用可能ですし、全国各地のスーパーや駅等のにもみずほ銀行のATMが設置されています。

 

資金運用がうまくいかないので、予定より早くお金を返してほしいなど、馬鹿げた催促は絶対にないと言えます。また、個人情報が漏れてしまう心配などもなく安心して利用ができる代表的な銀行と言えます。

 

みずほ銀行のほかにも、三井住友銀行がメガバンクです。
りそな銀行は収入がない専業主婦でも借入の申し込みが可能です。みずほ銀行とならんで収入のない専業主婦に人気のカードローンで、安心して申し込みや利用ができます。

 

三井住友銀行はカードローンの商品がありますが、収入のない専業主婦は申し込みが不可となります。

 

その他、収入のない専業主婦が申し込みできる銀行のカードローンは「じぶん銀行」「東京スター銀行」「イオン銀行」などがあります。どの銀行も認知度が高く、安心して借入できます。

消費者金融なら

収入のない専業主婦が消費者金融からお金を借り入れするのは「配偶者貸付」しかできませんが、パートやアルバイトで収入があるのであれば、消費者金融を利用することができます。

 

そんなときに、安全で安心して借り入れしたいのであれば、やはり認知度が高く、銀行がバックについている消費者金融がいいです。

 

アコムやプロミスはりそな銀行や三井住友銀行グループの傘下ですから、安全で信用もできると判断することができます。
また、利用できるATMも多く存在するので、利用開始後も返済するのに面倒があるなんてことも少ないです。

 

銀行グループの消費者金融

プロミス 三井住友銀行
モビット 三井住友銀行
ノーローン 新生銀行

その他、、抑えたいポイント

賃金業者登録番号

賃金業者登録番号が公式サイトなどにチャント明記されているかどうかを確認します。賃金業者登録番号は公式サイトのトップページや会社情報のページに記載しないといけない決まりになっていますから、確認をしましょう。そしてその番号が登録されているものかどうかを金融庁のホームページで検索すると良いです。
しかし、不正に利用している場合もあるので1つの目安としてください。

 

電話番号

電話番号は重要視してください。フリーダイヤルや携帯番号のみの記載なら怪しいと思ってください。

 

公式サイト

公式サイトがちゃんとしているかどうかも判断できる材料です。更新がされているか、金利や返済方法、会社情報が明確に記載されているかなどを確認します。

 

適正な金利・返済期間

激安金利1%や返済期間はいくら借りていても3ヶ月間無金利で貸付します。なんてそんなおいしい話は絶対に無いです。

 

ヤミ金融との見分け

イケメン

最近のヤミ金融業者は見分けがしにくく、だますのも上手です。
一昔前のように、オラオラ系ではなくて親身に話を聞いてくれて相談もよくのってくれる。まめに連絡をくれたりして、本当に助けてくれるようなふりをして契約して後から法外な金利を請求されたりします。
また、大手企業のグループ会社のような社名を名乗り、勝手に賃金業者登録番号やロゴを使用してだます手口もありますから、注意が必要です。

・みずほ銀行インターネットカード事業部
・みずほ信用保証
・三菱第一信用
・アリコクレジット
・イオン調査事務所・サティ
等。上記は全てヤミ金融業者です。みずほ銀行やイオン、三菱など大手の企業のような社名で騙してくるので、社名だけにだまされないように気をつけてください。